世古将司のブログ

大阪小売業者

エピソード:エナメル時間表を「殘し色」派閥にとらわれた偏見を破る

 私はとても鑒賞しこの少しかわいい執拗に、この感じ、派閥にとらわれた偏見は伝統のスイス時計業を、より多くのためのスキル自体の尊重するのではなく、ポータル間の小を自珍。これも間接的に理解して、なぜGMはスイス製表業の繁栄復興に作用する「偉大なる」。
ロジャー杜向こう、さらに表項の文字盤は復雑な組み合わせ曲面のように、シャーシで焼きエナメルの時やすいので応力均一分散して失敗率が低いので、完成品
今年のBasel後、腕時計評論家、『ファッション時間』編集長の潘矢に記者によると、今回の展示会でいちばん彼が印象的なポイントは、同じエナメル大師出Anita Porchetの手のエルメスやシャネルのマイクロ絵エナメル表。彼女はエルメス制作の懐中時計に溶け込み、「こぼし金」技術、すなわち微小の金粒の自然に浮かんで透明なエナメルの中でシャネルの「屏風」エナメル表は、Cocoさんの屏風をテーマに、筆墨趣を徹底的には「蘇州刺繍」。
エナメル大師出Anita Porchetの手のエルメスマイクロ絵エナメル表
この名震江湖エナメル大師、協力のトップブランドなど伯爵(チベットによるとは初の具眼の士Aintaと協力のトップブランド)、パテックフィリップ、バセロンコンスタンチン、カルティエ、エルメスなど、パテックフィリップ甚だしきに至っては破天荒に許し表面上の署名。腕時計コレクター達毎回言及エナメル表時も楽しく共有は、Ainta自身の素質、彼女から名高い先生Suzanne Rohrから継承して百年古いエナメル上薬と絵画のツールで、彼女に「異様なジュエリー名誉」の作品を人称道の原因の一つである。もちろん、誰でもこの物語も忘れない最後に注をして、Suzanne Rohrの師匠はあの有名なCarlo Poluzziに、もう一人のジュネーヴエナメル画界トップの人物。
大家の江湖の典故は永遠に最も人を引きつけて。先日の小型表展では、『Chronos時計』の発売丁之人、編集長にも、今はガラス粉で作ったエナメルでがますます少なくなるが、ただ数大師が出来ることでは、他の易コントロールのミネラル粉の代わりに、しかしずっと完成品の効果にはその種透明感が非常に惜しむ。

«1»

Copyright by 大阪小売業者-世古将司のブログ HP: http://www.osakaretailers.top/