世古将司のブログ

大阪小売業者

国内ブランド時計業:本土時計が直面している小売行き詰まり

 スイスからバーゼル時計宝飾展は帰国後、廊下表の創始者兼デザイナーメートル長虹のすぐに北京に向かい、このブランドの初の中国専門店「時間ちょうど廊下」に三裏屯SOHO。
「家賃があまり高くない4万元(が)を二階は1階に位置自体は、私たちが利用できる(二階)ガラスカーテンウォール大きく照明看板、特に夜の特別はっきり」、メートルの虹は手配店員、内装や財務管理ソフトに加えて、設計の小さな室「不可能なら全てのお客様に主動訪問、いくつかのロードショー活動計画、いくつかのハイエンドのショッピングモールでイベントをやる」。
この家にひゃく平方メートルの専売店の開業は彼は仕方なくの選択を含め、資金などの要因が、単独のブランドの専売店はきっと非常にリスクの商業、メートルの虹は、ブランドの個性を強調し、ありえないジャンプを大きく製品から、により専門店より受けた局限。
国内の特約販売店を見つけてあるいは地域代理廊下に表にとってはほとんど「完成できなかった」。
「実際には、元も試してディーラーまたは中国区代理を経て、しかし試み、ローエンドのデパートに適しないで、その要求の商品を持って方式は受けられない、亨吉利、亨得利などの大時計は、彼らは私達の制品がいいけど結局無名、育たないこのブランドは、(販売特約経)は持って来て金を儲けた」。
唯一と廊下に協力の表現は飞亚达専門店、そしてが始まって一ヶ月、それでも、その開拓小売システムの非通常方式は「試験性」――2012年からに月下旬から、上海浦東空港と寧波日広場の2の家飞亚达専売店の提供を始める部分廊下表制品で、「主はブランドの主な押しのよんしよ、ごシリーズ、価格飞亚达より高いため、その商品を多く盲目的に勇気がなくて、売った後、毎月代売却決済方式」。

«1»

Copyright by 大阪小売業者-世古将司のブログ HP: http://www.osakaretailers.top/