世古将司のブログ

大阪小売業者

検査時計は防水の3種類の試験をしているかどうか

 時計は特にダイビング時計は3年ぐらいの時間、専門のアフターサービスセンターに行って防水試験、これは1つの愛の人に必要な常識。これは主に時計の防水ゴムの老化防止による取水、損壊。
凝縮試験:
時計は温度約40度~50度の加熱板において、時計自体温度と加熱板温度と同じ(普通加熱10~20分)で。そして、温度は約18~25℃の水滴は時計のテーブルの上にある。約1分後に乾いた布で時計鏡を拭く。文字盤には、時計が漏水になると意味がある。逆に時計の防水はしばらく問題がない。
水温変化性能テスト:
時計を約10センチの水深と温度で40℃の水に入れて。5分後、20℃の水に入れる。また5分後、再度40℃の水の中に入れて、再度40℃の水の中で。あと5分後、時計の中には水温が変わるかどうかによって漏水が漏水。
耐水圧試験:
時計を詰めた水の容器に入れて、家の中の一番いい容器は大水桶です。このバケツは水がいっぱいにならない。水桶の底に時計を、10分後、時計をテーブルに入れ、時計が漏水かどうか観察。
カシオの時計の防水密封は主にケースの3つの部位に:
1、ケースと時計の間
2、表の鏡とケースの間
3、表冠とケースの間
この3つの部位は防水かつ防油(腕腕に装着する時計が汗を受ける腐食)のゴムリング。ゴムが高温又はその他の外来要因の影響を受けて、その大きさを変えます。サウナサウナは腕時計防水性能のダメージは絶対緻命。サウナ内の温度が一般的よんじゅう度を超える高温が、ケース内のゴム輪の膨張を離れたら、サウナに屋外温度低下、迅速に、自身はすでに受け高温苦しみのゴム輪に詰めて。ゴム轮とケースと接触したところには小さな隙が出てくる。この腕時計の防水性能は大きくなりそう。だから、時計は温度限界で40℃以上耐えられない。

«1»

Copyright by 大阪小売業者-世古将司のブログ HP: http://www.osakaretailers.top/