世古将司のブログ

大阪小売業者

ケースの裏側に画期的な天文機構を搭載孤高の機械式時計作りは変わらない

 

機械王国ドイツらしくメカニズムの機能と美しさを徹底的に追求した独自の高級時計作りで、1994年のブランド復興以来、一気に時計愛好家なら絶対に目が離せない特別な存在となったA.ランゲ&ゾーネ。2014年もトレンドとは無縁の、孤高の機械式時計作りは変わらない。

新作で時計好きならまず注目せずにはいられないのが、日付を2ケタの大きなデジタル数字で表示するアウトサイズデイト機構の文字盤をオフセンターデザインの文字盤右上にセットしたブランドの看板コレクション「ランゲ1」に登場したムーンフェイズ機構付きモデル「グランド・ランゲ1・ムーンフェイズ」。

カシオエディフィスEDIFICEリードの新しい標準時間

 人はその伝統工芸の機械式時計は、融合現代ハイテクのクォーツ腕時計職人達は機能の開発と表モデルの設計に目新しい以外に、どのように腕時計を保って正確な時間は、すべての時計ブランドの課題に挑戦し。年代ごろ、クォーツクォーツの電子腕時計の出現、時計界で大騒ぎを巻き起こす。その時より正確で必要ない人工動力持続可能な回転数年の時間をかけて、もっと薄型、コストより安い、クォーツ腕時計すぐ人々の追崇の寵児、一時間で製造機械時計伝統工芸で世に名を知られるのスイスタブ業が多く深い痛手令小規模なタブブランドと会社が倒産や転校投入クォーツ腕時計の制作の波に。時計界は画期的な時代を持つ時代、業界に「石英の革命」と言われていた時代、業界には「石英の革命」と言われている」。
石英腕時計は誕生から今日まで数十年の歳月が誕生して、しかし時計の製表の製表業は特に石英の電子腕時計の発展はとても速いです。時は単発展キネティック、多機能運動石英電子時計、腕時計、両万年暦時間表示やめい月相表示機能の電子時計、全地球測位システム(G、P、S)石英電子時計など。その電波時計、きっと時計世界で最も注目の新世代で、それは一種の時間を受けて標準電波表示時間の正確な情報を覆し従来方式、徹底的に時計が人工校正時間の概念。現在、電波の風潮が世界で巻き起こす、電波時計の概念も生活の構成部分になっている。
カシオの電子時計はずっと人々の非常に好きな腕時計ブランドで、そのリリースは世界中で多くの地域の標準電波時計の時間、もっとマークカシオこの株を持つ電波風潮に揺るぎない地位。カシオで独創的な、世界有数の電波の受信技術、新しいカシオ発売のろく局の電波時計ブランドとして、他の電波時計のように、高感度アンテナ内蔵する必要がなく、手動操作で自動受信中国、日本(福島や九州にの基地局)、イギリス、ドイツ、北アメリカ大陸の標準電波、自動デコード、自動補正時間、真の精確と便利。また、以上6つの頻度の標準時間、実用セシウム原子時計測量、電波信号を通じて発射する、精密度は10万年前の誤差の1つに達します。電波時計は石英時計に続いて新しい時計業界の新しい標準に。

風圧を感知し、まさに瞬間のスピードを表示する

 

ブレーヴァは、目下、時計界の台風の目と言っていいほどの注目の工房系ブランドだ。2010年に創業し、ファーストモデルを市場に送り出したのが2013年。まだまだ新進の工房だが、その独創性は圧倒的だ。

最初のモデルは、嫌気性ガスの入ったカプセルで気圧を検知する機械式のアネロイド気圧計を応用し、天候の変化を表示する機能を機械式時計と融合させた「ジェニー01」で、その年のバーゼルワールドの話題をさらった。’14年には、この「01」の発展形「ジェニー02」が高度計機能を洗練させて登場し、さらに、独創的な計測機能の開発がおこなわれているとのアナウンスもあった。

機械式時計「オリエントスター」の定番モデル、文字板デザインを一新

 

オリエント時計は6月10日に、機械式時計「オリエントスター スタンダードデイト ニューモデル」を発売する。4モデルを用意し、いずれも税別価格は50,000円。同時に同社のプレステージショップ限定モデルも税別50,000円で発売する。

「オリエントスター」は、1951年に「輝ける星」をイメージに開発された機械式時計。今回の「オリエントスター スタンダードデイト ニューモデル」は、2013年3月から販売している「オリエントスター スタンダードデイト」の文字板デザインを一新したシリーズ(手巻き付きの自動巻)。また、文字板の新色としてアッシュブラウンを追加している。新しい文字板は、外周の放射目と中央部の型打ちの組み合わせで立体感を与え、程よいサイズのローマインデックスを採用した。

«1»

Copyright by 大阪小売業者-世古将司のブログ HP: http://www.osakaretailers.top/