世古将司のブログ

大阪小売業者

恋に燃える男女の姿を複雑機構でロマンティックに表現

 ヴァン クリーフ&アーペルが打ち立て、ここ数年展開をつづけてきた「ポエティック コンプリケーション」の独自性と魅力を象徴する、レトログラード機構を採用したオートマタモデル。毎日、0時と12時の2回だけ、左右に離れていた男女の人形が橋の上で1分間の長いキス(!)をするという、何ともロマンティックな趣向がすばらしい。今回のコレクションから新たに採用されたブランド独自の「コントルジュール(逆光)エナメルという技術を使って作られた、美しいグラデーションカラーの文字盤も印象的。

«1»

Copyright by 大阪小売業者-世古将司のブログ HP: http://www.osakaretailers.top/