世古将司のブログ

大阪小売業者

世界最大の時計グループSwatch(スウォッチ)の帝国の発展史

 2007年じゅうに月ご日、ティファニー宣言スウォッチグループ結成戦略パートナー、ティファニーはその時計メーカーや販売アウトソーシングにスウォッチグループは、業務の部分の利益を分かち合うこと。一見強者連合は、実際にティファニーの腕で、ブルガリ历峰などぜいたく品で、グループの時計業務は大きく20-40%まで収入割合の時、重心が集中するダイヤモンド業務のティファニー時計事業会社の業務の2-3%しか占めて、もっと厳しくクールな競争を前に、やむなく関連業務を渡しスォッチグループ。
とティファニー時計業務孤城に比べ、専念時計業務のスウォッチグループは真っ盛りで、その2006年収入、営業利益はそれぞれ2004年より増え21.63%、50.85%(表いち)、その株価も含めて他の高級時計勝ち業務グループは、2003年から2007年までのいち月いち日じゅうに月31日スウォッチグループの株価は、約210%、それぞれ历峰より、VMH / target=_ブランク> LVMH、ブルガリの193%、102%、101%一年、その近くの株価は約25%、更に上回っ历峰、LVMH、ブルガリ5%、2 . 5%、- 12%膨張幅。
スウォッチグループの今日の成功は、2000年前後のおかげでその主導のスイス時計界二輪統合の買収合併。第1ラウンドのは贅沢なブランドを中心に買収では、スイス時計ブランドのほとんどが落ちるスウォッチグループ、历峰、ロレックスなどのグループに、贅沢なブランド時計寡頭競争段階に入る。第2ラウンドは部品製造中心の統合の中で、関連会社の経営権変換、運行が何世纪スイス手作り工房体制はほとんど徹底的に破壊され、スウォッチグループ、历峰、ロレックスなど寡頭当社の時計ブランドの集中度を高め、資源がいくつかの寡頭中間も再分配。二回の統合、グループを含むスウォッチ形成じゅうはちブランドの逆ピラミッド構造のブランド、ぜいたく品の分野での影響力は大きく向上し、ほぼ独占した部品製造資源、スイス時計業の発言権が空前の向上。

«1»

Copyright by 大阪小売業者-世古将司のブログ HP: http://www.osakaretailers.top/