世古将司のブログ

大阪小売業者

「费力」のようなやり方では消費者が勘定するのか。

 現代人は、生活の質の向上に従って、身分や年齢の変化、時計の精密で機械的なもので、ますます濃厚な興味を生むことをを持つことを渇望して、その細部の彫刻の美、人工の知恵の美、リズムの回転の美しさ、きっと夜が更け人静の時も自分のいとこ密に接触し、じっくりと味わう。また、時計が数年来ずっと人々の注目を誘緻は、ブランドの進歩と革新、一回の革新を世間に新たなサプライズが浮き彫りにしただけでなく、伝統的なタブ業の完璧技術、もっと上げ人知の意匠として独运突破。
しかし、毎年新しい作品で、あれらの一見蜂の巣へ鎌のやり方は、本当にが消費者勘定ですか?ある種の技術や工芸の使用や発明で、人々と伝統の審美の視覚の衝撃とともに、大衆の挑戦を受けて範囲、挑戦している人々に新しい事物についての認知能力や態度が、いくつかの一見蜂の巣へ鎌のやり方を経て、紛争としての考え方があってか、消費者の獲得愛顧?

«1»

Copyright by 大阪小売業者-世古将司のブログ HP: http://www.osakaretailers.top/