世古将司のブログ

大阪小売業者

芝柏時計工場の旅は生き生きとしたタブ教室から話し始め

 皆さんは覚えていて、2015バーゼル時計展展開する前に、私たちはまずを訪ねたのに位置してスイス時計の郷LaChaux-de-Fonds(ラ紹徳通)のGirard Perregaux(芝柏)時計工場見学をした後、さらにはまだみんなにいろいろ質問で、今私達はこれらの謎解きを一つ一つに発表したすべては。
芝柏表の歴史をさかのぼる1791年、200年以上の時間の中で、芝柏尊らくをしていたパリ国際博覧会の栄光を経ても、暦石英革命の危機が、嬉しいのは、この酸いも甘いも知り抜くのトップブランドでスイス表は深い制表の詳細と自身の努力を続けているの創造、輝く。この家百年前の工場を訪問する前に、まず私達に1節の生き生きとした製表授業をして話して、先に。
私たちが真っ先に来たこの古い建物を見て、どこか神秘的で、まるでホグワーツ魔法学校のスイス分校。実はここはJeanrichard(尚维沙)のタブツール博物館、もちろん、今ここには博物館だけではなくて、同時にタブトレーニング体験センターとVIP受付センター。

«1»

Copyright by 大阪小売業者-世古将司のブログ HP: http://www.osakaretailers.top/