世古将司のブログ

大阪小売業者

ジュネーヴの時計のサロンは個性の技術を推賞して狂喜する

 スイスの古いロボット人形の技術、古くて神秘的なホロスコープ活動と腕時計と結合して、わずかに1ミリミリメートルのケース……終幕したばかりのジュネーヴ高級時計サロン、暗雲が退散後の技術が狂喜
2010年ジュネーヴ高級時計サロン(SalonインターナショナルのラHaute Horlogerie、SIHH)のパビリオンの一週、最も明らかな感じているのは混雑と熱烈。
かばんを保存して並んで、安全検査待ち行列、昼食待ち、座席待ち行列、乗車するパビリオンも並ぶ。現地時間のいち月じゅうはち日~21日、SIHH開催期間、各国記者たちは地図を持って、寸刻を争うに奔走する、じゅうはちブランド新品展示会……このシーン、去年の不景気と鮮明にコントラストがある。
昨年のSIHH、入場者数が20%減。一年後、晴れと活力が再現されていた。視聴覚の数変化、各大手ブランドが発表した2010年の新作情報には、スイス製表業による新たな動力が垣間見ることも可能だ。
「世界の最も」の非凡な技術
昨年、「帰って原始」(Back to the roots)はスイス各時計工場の共同のスローガン。経済の衰勢の下で、時計の製造メーカーは生産量を減らし、研究開発費削減を減らし、スイス時計業の歩調が澱んになってゆっくりと。
それに比べると、今年のようにSIHHは冷めてからの技術のカーニバル。
モンブラン(Montblanc)登場で魔術を。一項の標準Metamorphosis時計だけを牽引滑り、じゅうご秒、3匹の小さいダイヤル緩やかに上昇し、などのステージリフト一般、瞬間が1匹の時計。その驚異的な変化は、腕時計内から470個部品で50個の同期調整が完成した「開き直り術」、5項特許技術。モンブランを強調し、この仕事はスイス古いロボットの技術は「人形を次の世紀のタブ工芸」。

«1»

Copyright by 大阪小売業者-世古将司のブログ HP: http://www.osakaretailers.top/